ブラックバスを釣る9!!!

【釣りの際に持っていく物】
『長靴』
僕は結構チャレンジャーって言われます。
なんでか?
それはよく池やダムなどに落ちるからです。
浅いところですけどね・・・(汗)
なので長靴またはウェーダーはあると便利です。
特に藪漕ぎ(草むらをかきわけて歩く事です。「やぶこぎ」って読みます。)する時は
長靴がないと初めての場所は怖いですね。
以前、クロックスで野池に釣りに行った際の事。
その野池の周りには沼みたいになっていたんです。
その場所に果敢に挑戦したらヌカルミにはまってしまい、
足が抜けなくてクロックスを沼に飲み込まれた経験があります。
面倒でも長靴を持って行きましょう。
『お水』
飲料水とは別の水。
これは手洗いの水という意味です。
野池をランガンすると手を洗う場所がなかったりします。
特にコンビニが周囲にないと、手を洗う場所がありません。
なので僕自身は必ず2Lのペットボトルを2本分水を入れて持って行きます。
これで長靴などの汚れも洗ったりする事もあります。
コンビニや学校(小学校や中学校で蛇口があれば先生にお願いしてお水もらう事もありました。)などで
給水する予定がなければ、3本位は必須だと思います。
トイレで流す時のお水の量知っていますか?
6L~13L必要なんですよ??
って事はもっと必要って事!?
トイレの話は別に釣りとは関係なくて、まぁお水は大事なんですよーって事を言いたかっただけです♪
それと手を洗っただけであの魚臭さが無くなる訳ではないので、
ウェットティッシュをもって行く事をおススメします。
除菌できるタイプのウェットティッシュなら尚良いですね(o^∇^o)ノ
『虫除けスプレー』
夏場に必須なのが虫除けスプレーです。
これは夏には必ず持って行ったほうがいいですね。
特に水場には蚊が大量にいますので、スプレーしているのとしていないのとでは雲泥の差が出ます。
お忘れなく・・・。
後はあったら便利ってもの。
『雨具』
突然の雨に対応する為。
『救急道具』
最低でもバンドエイドと包帯、消毒液くらいあればいいかな。
一度、溝に落っこちて脛をしこたまコンクリートにぶつけてとんでもない量の出血を経験しました。
その後も釣りを続けて42cmのバスを釣りましたが、
ちゃんとバンドエイドを用意していたから釣れたんですかね?
バンドエイドは真っ赤になっていてあまり役に立っていませんでしたが・・・(笑)

タイトルとURLをコピーしました