2020年8月5日 豊英ダム ボート釣行

ボート 釣行日記

皆さんこんにちは。

豊英ダムへ行ってきました。

当日けんさんと一緒でしたがこの日は別々のボートに乗って釣りする事に。

持って行ったタックルは以下の5本

★ロングキャスト用のタックル
ロッド:MagaBass デストロイヤー F4-71X(HT800X)
リール:20メタニウム(ノーマル)Left
ライン:FCスナイパー 12lb フロロ
★巻き用のタックル
ロッド:Daiwa CRONOS 661MB
リール:16メタニウムMGL(ノーマル)Left
ライン:FCスナイパー 12lb フロロ
★ベイトフィネス用タックル
ロッド:shimano ZODIAS 168L-BFS
リール:アブガルシアLTX Left
ライン:シーガー フロロマイスター 8lb フロロ
★撃ち用タックル
ロッド:Abu Fantasista Regista FCR-70H
リール:クロナークMGL XG Left
ライン:シーガー フロロマイスター 16lb フロロ
★デコ回避用タックル
ロッド:Fenwick FVR 64S LJ
リール:SEDONA 2500S
ライン:DUEL PE直結 アーマードF+Pro 0.8号

前回けんさんと釣行した際には濁りが酷かったですが、この日は濁りはほとんど無く比較的クリアでした。

ただ梅雨が明けてから急激に暑くなったので魚のポジションがいまいち分からない感じ。

朝一はTOPの釣りで羽根物のアベンタクローラーを投げるも全く反応なし。

午前中はキーパーあるなし君が2匹で終了。
両方共ネコリグでフォール中に食いました。

前回けんさんに教えてもらった釣りを試すも徹底できていなかったのか魚からの反応が得られないまま午後に。

ネコリグをタイトにキャストする事を念頭に置いて午後の部スタートしました。

結果的には午後の部でもキーパー君が1匹と35cmが1匹という情けない結果に終わりました。

反省としてはバスがいるポジションを見極めて釣りができなかった事。

バスがいると確信した場所では粘った方が釣れる可能性もあるという事をけんさんとの反省会で学びました。

バスが居るであろうポイントやデカいバスはある程度決まっていると思うので、次の釣行ではバスのポジションをある程度予測しつつ、粘った方が良いかどうかも考えて釣りしたいと思います。

結構同じ場所で粘るの苦手なんだよなぁ~(^▽^;)

反省会は丸源ラーメン食べながらでした♪

ではまた(^ー^)ノ

おすすめ商品
ボート 釣行日記
スポンサーリンク
manokkoをフォローする
千葉県・茨城県・埼玉県の野池、ダムでバス釣り!

コメント

タイトルとURLをコピーしました