野池でクランクベイト丸飲みバス釣った!

おかっぱり 釣行日記

釣った魚の話

そろそろスポーンも落ち着いてきた今日この頃。

皆さんこんにちは。

バス釣りされてますか?

だんだん暑さが増してきて昼間の釣りが厳しい時期になってきましたね。

私は子供の送り迎えがあるので朝マズメと夕マズメに釣りがなかなか出来ません。。

なので日中の釣りに全てをかけてるのですが、たまたまナイスサイズのバスが釣れたのでご報告です。

場所はとある野池です。

そこはカバーに乏しい池でなかなか簡単ではないのですが、考えて釣れば1匹は釣れる池だと思います。

そして釣れるバスはたいてい40UPという場所なのです。

今回私が持って行ったルアーはクランクベイトとミノーと羽根物だけ。

最初羽根物投げたのですが、反応が悪く次にクランクベイトのシャロークランクを投げました。

岸沿いにそってキャストしてリトリーブするも反応なし。

速度を変えたり、ストプ&ゴーしても反応なし。

そこで唯一のカバーと言えるレイダウンをターゲットにして無理やり奥にキャスト。

そしてゆっくりリトリーブ。

レイダウンの1つの枝に引っかかった際に構わずリトリーブ。

すかさずルアーが平を打ってグリンと枝をかわした瞬間に下から凄い勢いでバスがルアーに食いついてきました。

食った瞬間が見えたとはいえ自分がイメージしていた通りのバイトだったので興奮度マックスでフッキング!

釣れたバス見たらルアー丸のみでした。

ナイスサイズの44cm
グッドコンディションでした♪

久しぶりの丸のみバイトで嬉しかったです。

今回のルアーはコンバットクランクSSRです。
廃盤になってしまっているルアーですが、メチャクチャ釣れます。

初めて釣る野池など僕のルアーローテーションは大体決まっているのでご紹介しますね!
羽根物(表層)→シャロークランク→中層クランク→深層クランクの順です。
水深を少しずつ下げてバスがいる層を探っていく釣り方が多いです。
水深が分かっている所はその水深に合わせたルアーを投げてしまいますが、分からない場合はドキドキしながらルアーを投げてます(^ー^)ノ

まのっこ的おすすめルアーローテーション

羽根物(表層)

レイドジャパンのダッヂ
魚を寄せる力がめっちゃあるルアーだと思います。
スローリトリーブもできるしカショカショという独特な音も聞いてて心地良いです。

またはdepsのNZクローラーJr(画像無し)
NZクローラーJrはピンスポットで抜群の力を発揮しますね!
ここぞ!って所で正確にキャストしてゆっくりリトリーブするとモンドリアンバイト必至ですw
杭や障害物周りをゆっくり引くときに良く使います。

またはイマカツのアベンタクローラー
一番の実績がある羽根物です。
カラーも大事なのかもしれませんが、明るい色の方が釣れる気がしてます。(場所にもよるかな・・・)
ダッヂとは違った金属音で、この音でバスがイラつくのかな?とか思ってます。
遠くからでも近くからでもここにバスが居そうだなと思ったら、少なくとも10投はします。
それでも釣れない時は釣れませんが、釣れないよねーーー。って思ってた時にバッコーンって出るからたまらないです(笑)

シャロークランク

コンバットクランクSSR(廃盤)
「水面下30㎝を引く」というコンセプトで作られたルアーだそうで、1m潜るシャロークランクは投げれないけど・・・って激浅な場所で超絶活躍してくれるルアーです。
表層サーフェスルアーの代表格であるバジンクランクは完全に水面の上なので見切られるけど、コンバットクランクSSRは水中のため見切られず食ってくる場合があります。
1つ持ってていいルアーだと思います。(ヤフオクやメルカリでもあまり最近は見なくなってしまったけど。)

エバーグリーン ワイルドハンチSR
ワイルドハンチが良く釣れるので、その浅いレンジを引くときに使ってます。
もっとも特筆すべきは障害物の回避能力の高さだと思います。
またビックバスが釣れてくれるのもワイルドハンチの能力?だと思っています。
よく使う色はブルーバックチャートですが、ブラックバックチャートやベイビーギル、ブルーシャッドなども良く釣れます。

またはペイフォワード ワンエイトSR(画像無し)
北大祐さんが立ち上げたPAYFORWARD。
ワンエイトSRはとにかく高速リトリーブにも対応しているクランクベイトだと思います。
素早く一定の層をサーチする為にはもってこいのルアーだと思いますし、バレる事が少ない印象です。
カラーはホワイトベースとシャンパンキンクロがお気に入りです。ステインギルも良く釣れます!

クランクベイト

その次に投げるのはワイルドハンチ
ちなみにワイルドハンチはラトルインとラトルなしの両方共持ってます。
濁りが強い時はラトルがあった方が釣れる時があります。
ワイルドハンチSRにお伝えした通り、根掛かりが少なくビックバスが釣れます。
ワイルドハンチのブルーバックチャートはお気に入りすぎて観賞用と予備と使う用で3つ持ってます。仮に根掛かりしてもちゃんと浮いて戻ってきてくれるルアーです。

またはdepsのイヴォーク2.0
カバークランクというNewジャンルのクランクベイト。
とにかく良く飛んで良く釣れます。
そして釣れる時の魚はかなりデカイです。
オススメのカラーはレッドクローとブルーバックチャートとセクシーシャッドです。

またはOSP ブリッツMR
根掛かりも少なく良く飛んで良く釣れる。
ワイルドハンチとイヴォークの中間的な存在として重宝しています。
ゴーストアユとアメザリがお気に入りのカラーです。

ディープクランクベイト

ブリッツDR・EX DR
深いレンジを引くときに使います。
ブリッツDRとEX DRの特徴は「疲れない」です。
水深の深いレンジを巻くとルアーに負荷がかかるので疲れるのですが、ブリッツDRとEX DRはあまり疲れないです。
そういった点も考えて作られたルアーだと思います。
また秋口にEX DRで良い思いをする事がありましたので秋のバスを探す際のサーチベイトとして使ってみてはいかがでしょうか?
それなりの水深が無いと根掛かりする確率が上がるので、ある程度根掛かりポイントが分かった上で使う玄人好みのルアーだと思います。
EX DRのカラーはゴーストライムチャートがとキンクロがお気に入りです。

おすすめ商品
おかっぱり 釣行日記
スポンサーリンク
manokkoをフォローする
千葉県・茨城県・埼玉県の野池、ダムでバス釣り!

コメント

タイトルとURLをコピーしました